工場のデジタル化に大きく貢献。
点検シートの作成時間が75%削減!

栄通信工業株式会社
従業員数  85名
事業内容  精密板金加工
所在地  長野県上伊那郡美濃輪町
URL http://www.sakae.co.jp/

「設備点検アプリケーション」で工場のDXを推進

事業内容のご紹介・メッセージ
当社は1960年精密板金・プレス部品メーカーとして創業致しその間塗装分野にもフィールドを拡大し、金属加工から焼付塗装、一部組立までの総合メーカーとして幅広いニーズにお応え致しております。
当社の製品は最新のOA・FA機器を駆使した管理体制により短納期・高品質を維持し、幅広いお客様ニーズに対応し、高いご信頼を戴いております。
当社は今後も永年蓄積致しました技術力・管理力に加え、一層の研究開発と製造ラインの効率化・迅速化を図りまして、各お客様より高いご信頼を戴けますよう、限りない挑戦を続けて参ります。
熱いご支援と末長いご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
                                代表取締役社長 今井政彦

導入のきっかけ

機械トラブルを未然に防止する点検作業において、紙での点検シート管理、点検漏れ、点検作業時間が大きな課題となっていた。

栄通信工業様にFANDX設備点検アプリをご導入いただきました。

生産管理課係長 原様

今までは設備の点検は紙ベースでチェックを行っていた。山ほどの紙を使用し、管理も煩雑になっていた。そのため過去の書類も見つけるのに時間がかかり探すのが仕事になり、大きな課題となっていた。

代表取締役社長 今井様

工場のデジタル化を進めている時「FANDX」の存在を知り設備点検のデジタル化に興味がわいた。点検漏れ防止・業務効率化、ペーパレス化などのデジタル化を進めるべく導入を決定をした。

導入効果

今後の展望

代表取締役社長 今井様

すべての設備と車両の管理を通じて、不良やダウンタイムを削減し、事故を防止するためにデジタル化を加速させたい。また、記録を残すだけでなく、データを資産として活用することも重要と考えている。トラブルが発生した場合、解決策をデータ化し蓄積することで、早期の解決と復旧を誰でも行える会社を目指して行く。
私たちの目指すのは、誰でもこれらのプロセスを実行できる会社であり、そのため、FANDXのバージョンアップに対しては、さらなる期待を寄せている。

ご導入いただいたアプリケーション

お気軽にお問い合わせください

専門のスタッフが課題に合わせて対応いたします。
まずはお問い合わせください。

03-4446-6673 平日 10:00~17:00(土日祝・年末年始は除く)